フォトアルバム

カテゴリ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

オオワシ Feed

2013年3月 1日 (金)

20130227-28 山本山 オオワシ 北帰行

2月27、28日、車中泊にて52日ぶりに湖北に行ってきました。

2月28日は、北よりの風が吹く山本山。

オオワシは、かなり遅めの午前9時40分頃登場。

逆光下、最も高い場所の松の木にさっさと入り込みました。

「今日の北帰行は有るのかな無いのかな。」と考える余裕も無い、ほんの数分後に北に向かって飛んで行きました。

オオワシの顔すら拝むこと無し、シャッターチャンス無しのあっけない飛び立ちでした。

(したがって、28日の写真はありませ~ん。)

そして、2時間経過、4時間経過、日没時刻になっても山本山のオオワシは、ノーリターンでありました。

(3月1日、山本山にオオワシの姿が無いため、2月28日が今季の終認日となりました。)

話は27日に逆戻りします。

ノーリターン前日の27日は、午後からたて続けに2回、湖上で水鳥を完食しました。

北帰行直前の英気と体力を養うための食いだめだったのかも知れませんね。

印象的だったのは、2羽の水鳥を完食した後の満腹姿のオオワシのずんぐりむっくり体型での飛翔でした。

換算1120mmで撮影したものを、約2240mm相当にトリミングしてあります。

(朝は高い松でまったり)

Img590036002400mm10c20




















(2羽の水鳥完食後の今季最後の止まり木での姿)

Img596236002400mm10




















Img596636002400mm10




















(そして夕方のずんぐりむっくり姿の飛翔、ご苦労様でした)

Img598736002400mm8c10_2




















Img599236002400mm8c10




















Img599636002400mm8c10




















Img600236002400mm7c20




















Img603736002400mm14c10




















Img604136002400mm8c10




















Img604736002400mm8c10




















Img604936002400m2s10c20




















Img605636002400mm10s10c10




















(20130227-28)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM + テレコンEXTENDER EF1.4XⅡ

来シーズンも来てくれること信じて待ってます。

若様の登場も期待しています。

2013年1月 6日 (日)

20130105 久しぶりのでかいオオワシ

久しぶりに約60mの至近距離で山本山のオオワシを見ることが出来ました。

出来たと言っても、午後4時過ぎ・・・。

日中何も無しのままの夕暮れ時を迎えて、もうお帰りか?と思っていると突然松の木から飛び出し、琵琶湖に向かって一直線!

直ぐに戻って来たのは良かったのですが、約400mほど離れた住宅地背後の低い雑木にとまりました。

当然、重たいカメラ機材を担いでオオワシの元へすたこらさっさ・・・。

到着した時には、足腰ヘロヘロ、青息吐息の酸欠状態・・・。

オオワシが捕まえたのは久しぶりのブラックバス、空腹だったのか速攻完食されました。

快晴の夕暮れ、満足したオオワシがまもなく赤い夕日に染まりました。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

001_36002400c5




















002_36002400mm5c5




















003_36002400mm5c5




















004_36002400mm8c5




















005_36002400c5
































006_36002400c5
































(20130105)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

久しぶりに満足感に浸ることが出来ましたが、飛びものはさっぱりでした。

次は、1月5日と6日の臨時寝台列車・日本海です。

2012年12月29日 (土)

20121229 不動に磨きがかかったオオワシ

山本山のオオワシ、活動が鈍化していますね。

それは、オオワシの勝手でしょ~。

一日中高い松の木の中でほとんど動かずのオオワシでは、心配になります。

ですが、オオワシにとっては、単に無駄な動きをしないだけ・・・。

無駄な行動が多い人間とは異なり野鳥とはそう言う生き物なのだと思います。

本日も、午前8時頃のご登場から、お帰りになられるまでの約8時間、鳴かず飛ばずの1日でした。

したがって、撮りたいと思いレリーズできたのは毎度の夕刻の飛翔のみでした!

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

Img_335736002400c03mm02




















Img_336536002400c03mm02




















Img_336736002400c03mm05




















Img_337636002400c03mm05




















(20121229)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

頑張れオオワシ!!

新年は、期待してまっせ~。

2012年12月18日 (火)

20121217 オオワシのエンジェルポーズ

オオワシのバタバタ体操の仕上げがエンジェルポーズ。

時々、披露してくれますが、小鳥のかわいいエンジェルポーズとは全く異質の大迫力のエンジェルポーズです。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

Img_996836002400c03mm05





















Img_996936002400c03mm05





















Img_997036002400c03mm05





















Img_997136002400c03mm05





















(20121217)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

20121217 オオワシの体操

12月17日、ちょうどお昼にハジロカイツブリを山本山で食べたオオワシ、2時間半ほどじっとして居ましたが、突然樹上でバタバタバタと翼を前後に激しく動かして筋肉をほぐしていました。

猛禽類最大級のオオワシ、流石に翼を全開にすると迫力満点です。

24枚連写で一連の動作を撮影できましたが、1枚飛ばしの12枚でまとめてみました。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

Img_994136002400c03mm05





















Img_994336002400c03mm05





















Img_994536002400c03mm05





















Img_994736002400c03mm05





















Img_994936002400c03mm05





















Img_995136002400c03mm05





















Img_995336002400c03mm05





















Img_995536002400c03mm05





















Img_995736002400c03mm05





















Img_995936002400c03mm05





















Img_996136002400c03mm05





















Img_996336002400c03mm05





















(20121217)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

次は、オオワシのエンジェルポーズです。

2012年12月17日 (月)

20121217 山本山のオオワシ、カラスに水鳥の腸管をお裾分け

多分珍事だと思う。

本日お昼の12時前、琵琶湖で狩ったハジロカイツブリを山本山に持ち帰ったオオワシが、食事中にベロ~ンと引っ張り出した真っ赤な腸管を枝にブラ~ンと吊るしました。

何時食べるのか観察していると、取り巻きの鬱陶しい1羽のカラスがその腸管をオオワシの目の前で横取りしました。

カラスが大嫌いなオオワシなので、横取りされて激怒するのかと思えば、カラスを全く無視してハジロカイツブリをムシャムシャ食べ続けていました。

その間に、利口なカラスはうどんをすするようにちゃっかり腸管を呑み込み、さっさと飛び去りました。

山本山のオオワシ、出身地のロシアか飛来途中の北海道でカラスとの友好的な付き合い方を学んで来たようだ・・・。

(水鳥を捕食中の写真はグロテスクなので撮りませんが、観察はじっくりしております。)

次回も同じような行動をするのか観察したいです。

2012年12月15日 (土)

20121214 不動のオオワシ

長い寒波が明けたのでオオワシの様子を見に行きました。

13日は小さな魚を食べた後、早々に引っ込んでしまったそうですが、14日は、午前8時過ぎに登場して午後4時過ぎに引っ込むまでの約8時間、高い同じ松の木の中でじっとしていました。

お腹が空いているはずですが、我慢強いオオワシです。

したがって、朝のご出勤の1枚と夕方の飛翔が14日の成果です。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

(朝のご出勤)

Img_960236002400c07mm05





















(夕方の飛翔)

Img_962836002400c03





















Img_963736002400c03





















Img_968336002400c03





















Img_969336002400c03





















Img_969936002400c03





















(20121214)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

2012年12月 7日 (金)

20121207 夕刻の秋色飛翔 山本山 オオワシ

今日の山本山のオオワシですが、午後2時頃まで高い松の木で動かずでした。

ずっと湖岸で待っていたので、すること無し・・・。

その後、2回飛んで行くも、手ぶらでご帰還・・・。

こうなると夕刻の飛翔に賭けるしか選択肢は残っていません。

たまたま、夕日が雲に隠れること無く、秋色の山本山を背景に舞うオオワシを際立たせてくれました。

日中は暇の一言でしたが、何とか帳尻は合ったかな。

夕日が赤くなり始めた午後4時10分過ぎの秋色オオワシ飛翔です。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

(飛び出し直後の山本山南行き)

Img_952836002400c03mm03





















Img_953236002400c03mm03





















Img_953636002400c03mm03





















(山本山南端からの折り返し)

Img_955036002400c03





















Img_955836002400c05m02





















Img_956736002400c05





















(20121207)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

明日以降の荒れ模様の天候が心配です・・・。

2012年12月 6日 (木)

20121202-03 オオワシ若様飛来する

山本山に飛来したオオワシ若様の12月2日と3日、2日間の様子です。

何で、オオワシの越冬地南限の滋賀県琵琶湖、しかも山本山にやって来たのか?

いろいろと説がありますが、今の山本山のオオワシが15年ほど前に湖北にやって来て、初代山本山のオオワシから代替わりする経緯と同じ道を今後辿っていくのかなと勝手に思っています。

何はともあれ、今後どのような形でこの若様が、山本山のオオワシと関わっていくのか興味津々です。

(尚、4日は、つづら尾崎方面から山本山に向かって来た若様を山本山のオオワシが追っ払ったそうです。そして、5日は、若様の目撃情報は無かったようです。)

換算1120mmで撮影したものを、約2240mm相当にトリミングしてあります。

(その1)

2日、湖北の地に飛来して山本山のほぼ最上階に降り立った、ちょっと不安そうにも見えるオオワシ若様

この時、山本山のオオワシは、若様のほぼ真下の少し離れた松の木に陣取っていて、夕方までいつもと変わらず過ごしていました。

Img_896236002400c05





















Img_897636002400c05mm03





















Img_897736002400c05





















(その2)

2日、超曇天で早々に暗くなってきた午後4時半頃に南側の枯れ木へ、まず山本山のオオワシが移動しました。

それを追うように若様が同じ枯れ木目がけて飛ぶと、山本山のオオワシは更に南へ移動し、まもなく完全に暗くなりお開きとなりました。

先に移動した山本山のオオワシ

Img_901936002400c03

































それを追って若様も同じ木に移動。

早速、カラスの洗礼を受けていました。

Img_904936002400c03

































Img_905536002400c03

































Img_905636002400c03 

































(その3)

明けて3日午前9時過ぎに、オオワシ若様が琵琶湖方面から飛来して、山本山のオオワシから一番遠い山本山の南端の松の木にしばらく鎮座していました。

背景の紅葉が、印象的でした。

Img_909936002400c05mm07





















Img_910336002400c03mm07





















Img_911236002400c03mm05





















(その4)

3日午前10時過ぎ、突然飛び立ち遥か上空でカラスとトビに囲まれながら見えなくなりました。

上空は、とてもガスっていました。

Img_912136002400c05





















(20121202-03)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM + テレコンEXTENDER EF1.4XⅡ

若様、次はいつどこに現れるのでしょうか?

2012年12月 4日 (火)

20121203 秋色オオワシフルバンク飛翔

オオワシの飛翔形態で1番美しいと思うのが、旋回体勢に入った時に見ることができる背面です。

しかも、紅葉の山本山をバックに角度が付いたフルバンク状態の飛翔が、これまた美しい・・・。

換算800mmで撮影したものを、約1600mm相当にトリミングしてあります。

Img_940936002400c03





















(20121203)

Canon EOS 7D + Canon EF500mm F4L IS USM

またすぐ、湖北に向かいます。